東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

生態学

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

生態系の複雑性(多次元性や非線形性)を考慮した生態学を推進している。食物網、多種共存や生態系機能に関する理論研究のほか、特に最近は環境DNAや音響観測といった手法に基づく生態系観測や大規模観測データに基づいた実証研究、生態系の動態予測・制御の問題に興味がある。

研究者

生命科学研究科

近藤 倫生 教授 
博士(理学)

KONDOH, Michio, Professor

キーワード

関連情報

A. Mougi and M. Kondoh (2012) Diversity of interaction types and ecological community stability. Science 337: 349-351.
M. Ushio, C. Hsieh, R. Masuda, E. R. Deyle, H. Ye, C.-W. Chang, G. Sugihara and M. Kondoh (2018) Fluctuating interaction network and time-varying stability of a natural fish community. Nature 554: 360-363.
一覧へ