東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

放射光による原子スケールの構造測定

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

主に放射光の回折を用いて、高い精度で構造観測を行います。通常の単結晶構造解析のような手法では無く、周期性が完全でない物・表面や界面の構造解析を行うのが特徴です。有機半導体の表面構造緩和や、酸化物の界面構造などの測定を多く手掛けています。ある程度平滑な表面があれば、その表面近傍の構造を非破壊・非接触で0.01nmの精度で決める事が可能です。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

固液界面でのプロセスの進行過程を見るような応用が考えられます。

研究者

理学研究科物理学専攻

若林 裕助 教授 
博士(理学)

WAKABAYASHI, Yusuke, Professor

キーワード

関連情報

著書:構造物性物理とX線回折 (2017)

論文:Kinetics of Iron Passivation Studied by Sub-Second Resolution Realtime X-ray Reflectivity Technique,J. Electrochem. Soc. 166, E212-E216 (2019).
一覧へ