東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

X線イメージングと構造解析の融合

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

X 線用の回折格子を用いた新しいイメージング法( 小角X線散乱コントラストイメージング法)により、画像検出器の空間分解能を1000 ? 10000 倍上回るnm オーダーの構造情報を非破壊で定量的に取得することに成功しています。軟組織の診断を含む医療診断や、ソフトマテリアルを含む材料の研究・開発、農作物、食品などの研究・開発、光学素子の精密評価など、様々な応用展開を期待しています。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

医療診断機器の開発、有機・無機材料の研究・開発、農林水産業、食品加工業など、様々な応用分野との産学連携の可能性を期待しています。

研究者

多元物質科学研究所

矢代 航 准教授 
博士(工学)

YASHIRO, Wataru, Associate Professor

キーワード

関連情報

一覧へ