東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 環境
  • メタン菌カソード電極を利用した微生物燃料電池

メタン菌カソード電極を利用した微生物燃料電池

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

本微生物燃料電池は、カソード電極に、これまでの方法で用いられている白金などのレアメタルではなく、微生物のメタン菌を使用することで、酸素から水を得るのではなく、二酸化炭素をエネルギーガスのメタンガスに変換しながら、電流を得る新しい電池である。

研究者

農学研究科

多田 千佳 准教授 
農学博士

TADA, Chika, Associate Professor

キーワード

一覧へ