東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

次世代DNA分析技術によるあらゆる生物の識別:個体・品種・集団・種・未知サンプル等の同定

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

独自に開発した次世代DNA分析技術であるMIG-seq(MultiplexedISSR Genotyping by sequencing)法により、わずか数ngのDNA試料があれば、数千領域のDNA 情報を取得して、あらゆる生物を対象に個体・品種・集団・雑種・種・未知サンプルの同定を行うことができる。早く、安く、高い正確性で識別可能なのが大きな特徴である。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

作物品種の育成者権保護のための品種鑑定や、品種・産地偽装検査等、生物の「識別」を必要とする広い用途に利用できる。

研究者

農学研究科

陶山 佳久 准教授 
博士(農学)

SUYAMA, Yoshihisa, Associate Professor

キーワード

一覧へ