東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

原子力・核融合材料

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

原子力や将来の核融合炉に用いられる機能・構造材料の開発と評価に関する研究を進めている。特に、メカニカルアロイング法による分散強化合金の創製や、ナノインデンテーション法を駆使した超微小試験技術に関して独自の方法を開発している。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

原子力業界や材料業界

研究者

金属材料研究所

笠田 竜太 教授 
博士(エネルギー科学)

KASADA, Ryuta, Professor

キーワード

一覧へ