東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

構造相転移・相変態組織形成学・エネルギー材料

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

構造相転移・相変態組織形成学を基軸にし、材料組織構造を制御することにより新機能を発現する材料を研究開発することを目指します。基盤材料のみならず、革新電池用エネルギー材料の開発にも重点をおきます。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

蓄電池に関わる事業などは共同研究可能です。

研究者

金属材料研究所

市坪 哲 教授 
博士( 工学)

ICHITSUBO, Tetsu, Professor

キーワード

関連情報

一覧へ