東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

疾患関連タンパク質を分解誘導する低分子

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

生細胞において、標的タンパク質をユビキチンプロテアソーム系に誘導する技術を開発しました。この手法を用いて、難病である神経変性疾患の原因タンパク質も減少できることを確認しました。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

創薬、生命科学分野での応用が期待されます。

研究者

生命科学研究科

石川 稔 教授 
博士(薬学)

ISHIKAWA, Minoru, Professor

キーワード

一覧へ