東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

高圧力下での合成,焼結

更新:2020-07-30
前の画像
次の画像

特徴・独自性

川井型マルチアンビル装置およびキュービック装置を使用して,高温高圧力下で材料合成および焼結を行う.20 GPa, 2000 Kまでは容易に行える.25 GPa, 2300 Kまで可能.

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

超硬材料,磁性材料,高温超伝導体などで高圧合成を必要とする物質.

研究者

大学院理学研究科・理学部、地学専攻

鈴木昭夫 准教授 
博士(理学)修士(理学)

SUZUKI Akio, Associate Professor

キーワード

一覧へ