東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

電子線コンプトン散乱を利用した物質内電子運動の可視化

更新:2018-12-18
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-281-1-jp.jpg
前の画像
次の画像
物質の中ではいろいろな種類の電子が様々に運動しており、それが物質の性質を決めている。当研究室は、高速電子線を励起源とするコンプトン散乱を用いて物質内電子のエネルギーと運動量を測定する新しい分光計測法を開発し、反応性や機能性など物質が持つ多様な性質の起源の解明を目指している。

主な研究内容:
(1) 分子座標系電子運動量分光の開発による分子軌道の運動量空間イメージング
(2) 多次元同時計測分光の開発による電子・分子衝突の立体ダイナミクスの研究
(3) 時間分解電子運動量分光の開発による過渡的な物質内電子運動の変化の可視化

この技術を産業界で活用したい企業や団体との共同研究を希望する。また、本研究に関して興味のある企業へ学術指導を行う用意がある。

研究者

多元物質科学研究所

髙橋 正彦 教授 
理学博士

TAKAHASHI, Masahiko, Professor

キーワード

一覧へ