東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

動きをとらえる高速リアルタイムビジョン技術

更新:2018-12-12
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-433-1-jp.jpg
  • seed-433-2-jp.jpg
  • seed-433-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
産業応用において視覚処理・画像認識はますます重要な技術となっています。視覚は第一義的には姿・形をとらえる感覚ですが、それと同時に「動き」をとらえる感覚でもあります。当研究室では、動きをとらえるセンサとしてのビジョン技術という視点から、高フレームレートビジョンシステムとその応用、LEDや高速プロジェクタ等の能動照明との連携、加速度センサ等の他のセンサとの情報融合などについて研究を進めています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
運動する対象の計測全般において、高フレームレートビジョンは強力なツールとなります。さらに高速プロジェクタや他のセンサと組み合わせることにより、3次元計測や動物体検出・同定などの技術が展開できます。

研究者

情報科学研究科

鏡 慎吾 准教授 
博士(工学)

KAGAMI, Shingo, Associate Professor

キーワード

関連情報

論文
Shingo Kagami: High-Speed Vision Systems and Projectors for Real-Time Perception of the World (invited talk), Proceedings of IEEE CVPR2010 Workshop on Embedded Computer Vision, 2010
一覧へ