東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

スーパービタミンEトコトリエノールの高効率回収技術

更新:2018-12-11
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • PDF
  • seed-458-1-jp.gif
  • seed-458-2-jp.gif
  • seed-458-3-jp.gif
前の画像
次の画像
特徴・独自性 
本技術は、分子蒸留を一切行わないため熱安定性の低いトコトリエノールを分解なしに100%回収できる、ビタミンE類(トコトリエノールとトコフェロール)を選択的に樹脂に保持できるため不純物混入量が少なく高純度で回収できる、ビタミンE類の回収と同時に遊離脂肪酸とトリグリセリドを何れも転化率100%で脂肪酸エステルに変換できる、樹脂充填層に溶液を供給するだけの簡便な操作で連続操作が可能である、という特長を持つ。

産学連携の可能性
抗癌作用が注目されているトコトリエノールを医薬品や食品添加物として利用したい企業、原料ビタミンE濃度が低くても選択的に完全回収できるため、スカム油からのビタミンE回収率向上を目指す企業、との連携可能。  

研究者

工学研究科

北川 尚美 教授 
博士(工学)

SHIBASAKI-KITAKAWA, Naomi, Professor

キーワード

関連情報

特開2009-190989 油脂からのトコトリエノールとバイオディーゼル燃料の同時生産方法



一覧へ