東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 社会基盤
  • 東北インフラ・マネジメント・プラットフォームの構築と展開

東北インフラ・マネジメント・プラットフォームの構築と展開

更新:2018-12-10
  • 問合せ
  • seed-508-1-jp.jpg
  • seed-508-2-jp.jpg
  • seed-508-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
大学院工学研究科内で初めて設置された産学官連携センターです。
インフラの老朽化が懸念される昨今、東北地方のみならずその対策が進んでいないのが現状です。このような状況下において、インフラマネジメント研究センターでは東北大学が中心となり、東北の各大学とも連携しながら、社会資本であるインフラの維持管理技術・長寿命化を発展させるため、研究・技術開発を進めてまいります。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
国土交通省や地方自治体、各関係法人等とすでに多くの連携協定を締結しており、その体制作りを進めてまいりました。合理的、且つ円滑なインフラの維持管理、また技術の伝承及び人材育成にも寄与してまいります。

研究者

工学研究科 土木工学専攻

久田 真 教授 
工学博士

HISADA, Makoto, Professor

キーワード

関連情報

一覧へ