東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • お知らせ>東北大・NEC・国際航業、大規模地震発生時の津波浸水被害をリアルタイムに予測する実証事業を推進

東北大・NEC・国際航業、大規模地震発生時の津波浸水被害をリアルタイムに予測する実証事業を推進

 東北大学災害科学国際研究所、東北大学大学院理学研究科、東北大学サイバーサイエンスセンター、日本電気株式会社(以下 NEC)、国際航業株式会社は共同で、総務省「G空間シティ構築事業」の一プロジェクトである「G空間情報と耐災害性ICTを活用した津波減災力強化―リアルタイム津波浸水・被害予測・災害情報配信による自治体の減災力強化の実証事業」に参加し、大規模地震発生時の津波による浸水被害を高精度かつ迅速に予測する技術の実証に取り組みます。
 
 本実証では、大規模地震発生時の地震情報やGNSS測位技術を活用した地殻変動データから、NECの最新スーパーコンピュータ「SX-ACE」を用いて、東北大学と国際航業が開発した「津波浸水・被害予測シミュレーションプログラム」を高速に実行することによって、津波による浸水被害の予測を地震発生から約20分以内といったリアルタイムで行うことを可能にします。
 
 なお、スーパーコンピュータを用いてリアルタイムに津波浸水被害予測を行う実証実験は、世界で初めての取り組みとなります。スーパーコンピュータの活用により、大規模地震発生時の迅速かつ高精度な広域被害把握と地方自治体の災害対応の強化に貢献します。


詳細(プレスリリース本文)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20140801_01web.pdf


お問い合わせ先

東北大学災害科学国際研究所 教授 越村俊一
電話:022-795-7516
E-mail:koshimura*irides.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)
東北大学情報部情報基盤課総務係 佐藤
電話:022-795-3407
E-mail:syomu*isc.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)


=================================================================
関連シーズはこちら!
『シミュレーション・リモートセンシング・ジオインフォマティクスの融合によるきめ細かな被災地支援システム』
災害科学国際研究所 越村 俊一 教授
http://www.rpip.tohoku.ac.jp/seeds/profile/413/lang:jp/

更新: 2014.08.27