• twitter
  • twitter

事業案内 共創研究所

本学では産学共創の更なる振興/発展をめざして、2021年4月に「共創研究所」制度を創設しました。
共同研究や人材育成などの共創活動を企画・実施するための連携拠点を構築する制度です。

共創研究所の特徴

密接な連携を実現するため、大学内に企業との連携拠点を設置します。

  • 活動内容は限定せず、幅広い共創活動を随時企画・遂行する事が可能になります。
  • 本学教員の支援のもと、大学の教員、知見、設備などに柔軟にアクセスすることが可能になります。
  • 共創を実現すべく構成員は企業と大学双方による構成とし、運営とその支援を行います。
  • 持続的な連携推進が前提のため、複数年契約が基本となります。

構成

最小構成単位は、運営を総括する企業出身の特任教員1名、運営を支援する本学設置部局の教員1名の構成になります。さらに、それぞれを複数名で構成することで部門を横断した運営支援チームの形成が可能です。

共創活動費について

当該企業出身等の特任教員の人件費のほか活動環境を整えるための費用や、活動支援のための知的貢献経費等、共創活動で必要となる費用などをご負担いただきます。

※各種経費の30%相当額を間接経費として別途ご負担いただきます。

お申込み

1.企業から共創研究所設置申込書を、運営支援責任者(伴走支援する本学教員)が所属する部局の担当事務に提出していただきます。
2.学内の審議を経て、「共創研究所設置契約」を締結します。

※2021年4月より研究契約に関する各種制度を改正しました。