東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

言葉遣いのユニバーサルデザイン

更新:2021-07-07
前の画像
次の画像

特徴・独自性

健常な母語話者だけでなく、外国語学習者や失語症患者など、誰にとっても理解しやすい言語表現の性質、すなわち「言葉遣いのユニバーサルデザイン」を探る研究をしています。現在は特に「言語の語順」と「思考の順序」の関係について調べています。語順が違うと脳の使い方がどのように異なるのか、思考の順序はどの程度、言語の語順に影響されるのか、人間にとって最適な言語の語順や思考の順序というものは存在するのか、など。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

私が行っているのは基礎研究ですが、それを発展させて、(1)効果的な外国語教授法・学習法の開発や、(2)失語症のリハビリプログラムの改善、などに貢献できる可能性が考えられます。

研究者

大学院文学研究科・文学部 総合人間学専攻 心理言語人間学講座 言語学分野

小泉 政利 教授 
Ph.D

KOIZUMI Masatoshi, Professor

キーワード

関連情報

論文
Yano, M., & Koizumi, M. (2021). The role of discourse in long-distance dependency formation. Language, Cognition and Neuroscience, 1-19.
Koizumi, M., Takeshima, Y., Tachibana, R., Asaoka, R., Saito, G., Niikuni, K., & Gyoba, J. (2020). Cognitive loads and time courses related to word order preference in Kaqchikel sentence production: an NIRS and eye-tracking study. Language, Cognition and Neuroscience, 35(2), 137-150.
Koizumi, M., & Kim, J. (2016). Greater left inferior frontal activation for SVO than VOS during sentence comprehension in Kaqchikel. Frontiers in psychology, 7, 1541.
Koizumi, Masatoshi, Jungho Kim, 他5名 (2012) Left inferior frontal activations differentially modulated by scrambling in ditransitive sentences. The Open Medical Imaging Journal 6: 70-79.
Yusa, Noriaki, Masatoshi Koizumi, Jungho Kim, 他6名 (2011) Second-language instinct and instruction effects: Nature and nurture in second-language acquisition. Journal of Cognitive Neuroscience 23: 2716-2730.
Koizumi, Masatoshi, and Katsuo Tamaoka (2010) Psycholinguistic evidence for the VP-internal subject position in Japanese. Linguistic Inquiry 41: 663–680.
一覧へ