東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

原子層物質

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

2次元物質(グラフェン)やカーボンナノチューブの理論的研究をしています。大きなプロジェクト研究の動向なども把握しています。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

電池、熱電、半導体デバイス、圧電、工学素子などさまざまな応用に関して、『理論的なサポート』や開発の助言が可能です。理論の研究室ですので、お話しをお聞きし、我々ができることをお話しすることができます。実験がありませんので、共同研究を進めるにあたる費用は不要です。ですが私が審査委員などをする可能性があるプロジェクト研究に関しては、公平性を保つためプロジェクト研究開始前にはご相談できません。

研究者

理学研究科

齋藤 理一郎 教授 
理学博士

SAITO, Riichiro, Professor

キーワード

一覧へ