東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ファーマコゲノミクス解析に基づく個別化薬物療法

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

東北メディカル・メガバンク機構が構築した一般住民バイオバンクの全ゲノム配列情報を活用して、薬物代謝酵素における約1000 種の組換え遺伝子多型バリアントを網羅的に作製・機能評価する。これにより、これまで見落とされてきた薬物代謝酵素活性に影響を及ぼす重要な低頻度遺伝子多型を同定し、遺伝子型から表現型を高精度で予測できる薬物応答性予測パネルや独自のコンパニオン診断薬(核酸クロマトグラフィー法)を構築する。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

核酸クロマトグラフィー法は尿糖や妊娠検査薬のようなものであり、キットが成功すれば、簡便で大型の検出機器を必要としないため、大病院だけでなく中小病院や診療所レベルでも遺伝子多型診断の導入が可能になると考えられる。

研究者

薬学研究科

平塚 真弘 准教授 
博士(薬学)

HIRATSUKA, Masahiro, Associate Professor

キーワード

関連情報

1) Kumondai M, Ito A, Hishinuma E, Kikuchi A, Saito T, Takahashi M, Tsukada C, Saito S, Yasuda J, Nagasaki M, Minegishi N, Yamamoto M, Kaneko A, Teramoto I, Kimura M, Hirasawa N, Hiratsuka M. Development and application of a rapid and sensitive genotyping method for pharmacogene variants using the single-stranded tag hybridization chromatographic printed-array strip (STH-PAS). Drug Metab. Pharmacokinet., 33:258-263 (2018)
一覧へ