東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

新規分子CAMPを標的とした分裂期細胞死誘導によるがん治療の開発

更新:2019-12-17
  • 問合せ
  • seed-563-1-jp.png
前の画像
次の画像
1)特徴・独自性
我々は細胞分裂に関係する新規分子CAMPを発見し、この機能を抑制するとがん細胞の分裂が妨げられるだけでなく速やかに細胞死が起こることを見出した。これにより、細胞分裂期に作用する従来の抗がん剤で見られる耐性を抑えることができた。またCAMPの機能抑制による細胞死の促進は正常細胞では見られなかったことから、がん細胞特異的な薬剤耐性の少ない治療法の開発につながることが期待される。
2)産学連携の可能性
CAMPの機能を抑制する化合物の開発は、薬剤耐性の少ない抗がん剤の創薬に結びつく可能性がある。

研究者

加齢医学研究所

田中 耕三 教授 
博士(医学)

TANAKA, Kozo, Professor

キーワード

一覧へ