東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

固体ナノ構造を用いた量子デバイスの研究

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

固体ナノ構造中で生じる量子状態を利用して、量子センサや量子ビット等の量子デバイスの研究を進めています。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

単一電子スピン状態等の量子状態の電気的精密・高速測定、制御、データ科学手法などが得意です。これらがお役に立てることがございましたら、ぜひお知らせ下さい。

研究者

電気通信研究所

大塚 朋廣 准教授 
博士(理学)

OTSUKA, Tomohiro, Associate Professor

キーワード

一覧へ