東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ナノ粒子・クラスターのイオンモビリティ質量分析とその応用

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

高真空中での分子ビーム技術を用いて、今までにない気相小集団化学種(クラスター・ナノ粒子) の質量分析、イオン移動度分析、レーザー光誘起反応、二分子衝突反応の研究を、自作の真空装置を開発して行っている。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

気相の微粒子の同定や構造決定が必要な材料・環境分野、質量分析やイオンモビリティが重要なプロテオミクスが関係するバイオ関連・製薬業界など

研究者

理学研究科化学専攻

美齊津 文典 教授 
博士(理学)

MISAIZU, Fuminori, Professor

キーワード

一覧へ