東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

イノベーションの基盤となる電磁波応用技術の研究開発

更新:2021-07-07
前の画像
次の画像

特徴・独自性

電磁界理論,計算電磁気学,およびアンテナ工学の視点から,幅広く研究を行っている.これまでの研究内容は以下の通り.
・人体とアンテナの相互作用の数値シミュレーション
・無線電力伝送用大規模アレーアンテナの数値解析
・高セキュリティのアレーアンテナの設計法
・機械駆動の可変アンテナの研究
・3Dプリンタを用いた広帯域の電波散乱体の設計
・高精度な電流分布推定法の構築

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

アンテナ・通信メーカーとの産学連携実績が多数ある.他にも,材料メーカー,インフラ業界,独法などとの連携実績もあり,電磁波が応用できる分野であればどこでも連携は可能.

研究者

大学院工学研究科 通信工学専攻

今野佳祐 准教授 
博士(工学)

KONNO Keisuke, Associate Professor

キーワード

一覧へ