東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

実践的かつ経営的処方を支援する薬品決定支援システムおよびプログラムの開発

更新:2010-09-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-22-1-jp.jpg
  • seed-22-2-jp.jpg
  • seed-22-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
 糖尿病における実地医療現場で実践的かつ経営的処方術を実施するための薬剤決定支援システムおよび薬剤決定支援プログラムを発明した(特許第4176438号)。
 我が国の保健医療現場における医師の処方は1剤205円以内の6剤投薬と規定されている。この制限を越えた投薬を施行した場合には薬価請求額の10%が減額されるしくみになっている。但し、服用法が同じで、かつ205円以内に収まる複数の薬剤は1剤とみなされ、6剤を越えた処方がなされても6剤以下の処方と扱われる。
一方、我が国の高齢化社会では加齢に伴い糖尿病患者が増加している。糖尿病合併症を含めその治療薬を1人の内科医が処方すると容易に6剤投薬を超えてしまう。そこで医療経営的にジェネリック(後発品)の使用が不可欠となる。しかし、医師が先発品と後発品の医薬情報を薬価まで熟知し瞬時に処方を行うことは極めて難しい。本発明は主に糖尿病診療における内科医の処方技術を実践的かつ経営的に改善するものである。
 本発明(特許)を活用して事業化を企てる企業または出資者・開発支援者を求めている。
 ソフトウエアのサンプルあり。

研究者

医工学研究科

野々垣 勝則 教授 
医学博士

NONOGAKI, Katsunori, Professor

キーワード

関連情報

一覧へ