東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

リン酸オクタカルシウム(OCP)・コラーゲン複合体による骨再生治療

更新:2018-10-16
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-359-1-jp.jpg
  • seed-359-2-jp.jpg
  • seed-359-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
OCP・コラーゲン複合体(OCP/Col)は人工合成のOCPとブタ皮膚由来アテロコラーゲンからなる骨再生材料で、既存骨代替材料の骨再生能を凌駕し、細胞や成長因子の補充なしで有効な骨再生を実現する。吸収性・賦形性・操作性に優れ、使用時の煩雑な操作や管理体制が不要で費用対効果に優れる。非臨床研究及び企業主導治験を経て、歯科・口腔外科領域の骨欠損を対象した医療機器として2018年度の上市を目指している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
骨再生材料として整形外科、脳神経外科領域等の様々な骨欠損修復への応用展開や海外展開を目指すとともに、最近開発されたコンビネーションプロダクトによる難治性骨欠損や緊急手術時への応用が期待される。

研究者

医工学研究科 骨再生医工学分野

鎌倉 慎治 教授 
歯学博士

KAMAKURA, Shinji, Professor

キーワード

関連情報

Kamakura S, et al. Octacalcium phosphate (OCP) combined with collagen orthotopically
enhances bone regeneration. J Biomed Mater Res B Appl Biomater 79: 210-217. 2006
Kawai T, et al. First clinical application of octacalcium phosphate collagen composite in human bone defect. Tissue Eng Part A 20: 1136-41, 2014
Iwai A, et al. Bone regeneration by freeze-dried composite of octacalcium phosphate collagen and teriparatide. Oral Dis, doi: 10.1111/odi.12923 in press, 2018
一覧へ