東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

有機分子触媒を用いた高度分子変換

更新:2015-10-15
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-422-1-jp.jpg
  • seed-422-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
有機化合物の選択的かつ効率的な分子変換を、環境に対する負荷を軽減しつつ実現するための技術として、触媒として機能する有機分子の設計開発を行っている。ブレンステッド酸ならびに塩基は有機合成に汎用される触媒だが、その機能化を目的として、キラルブレンステッド酸触媒として軸不斉リン酸を、キラル塩基触媒として軸不斉グアニジン塩基をそれぞれ設計開発している。これらを用いることで高選択的に光学活性化合物を得る反応開発に多くの実績を有している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
回収し再利用が可能な有機分子触媒として、キラルブレンステッド酸ならびに塩基を開発しており、これらを用いた高立体選択的な分子変換法を確立している。創薬のプロセス化学に適用することで廃棄物を削減し、選択的かつ効率的な分子変換に基づく医薬品合成について学術指導ならびに共同研究を行う用意がある。

研究者

理学研究科

寺田 眞浩 教授 
博士(工学)

TERADA, Masahiro, Professor

キーワード

一覧へ