東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 環境
  • リモートセンシング・GIS(地理情報システム)

リモートセンシング・GIS(地理情報システム)

更新:2018-11-15
  • 問合せ
  • seed-85-1-jp.jpg
  • seed-85-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
リモートセンシング全般、GISにまつわる研究を行っている。人工衛星や航空機によるリモートセンシングデータを利用した環境モニタリング、農地や植生地域の管理、災害による被害状況の把握などが主研究内容であり、陸域を観測したデータの解析を中心としている。合成開口レーダ(SAR)やハイパースペクトルセンサによる観測データも用いている。GISは研究対象であるとともに主要なツールの一つでもあり、リモートセンシングデータのほか、国土地理院によって提供される基盤地図情報などの空間データの管理や空間解析に利用している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
広域情報を一度に把握でき、また過去の状況を調べることもできる。農地管理のほか、自治体やライフライン関連企業での、施設・設備の情報の管理・運営などにも広く役立てることができる。

研究者

農学研究科

米澤 千夏 准教授 
博士(理学)

YONEZAWA, Chinatsu, Associate Professor

キーワード

一覧へ