東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

光を利用した低侵襲治療・診断システムの開発

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

細く柔軟な光ファイバを内視鏡に挿入して患部にレーザ光を照射する低侵襲治療や、内視鏡を用いて光学的な診断を行うための装置や技術についての研究を行っています。また、これらの治療・診断に用いるための光ファイバとして、通常のガラス光ファイバの他に、強力なレーザ光や幅広い波長の光の伝送が可能な、中空光ファイバと呼ばれる特殊な光ファイバを用いた治療・診断システムの研究開発も行っています。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

医療機器メーカーをはじめ、本分野への新規参入を検討している電子機器、通信装置、および計測機器メーカーなどが連携先として考えられます。

研究者

医工学研究科

松浦 祐司 教授 
工学博士

MATSUURA, Yuji, Professor

キーワード

一覧へ