東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 情報通信
  • 不揮発デバイスを用いたPVTバラつきフリーLSIの構成に関する研究

不揮発デバイスを用いたPVTバラつきフリーLSIの構成に関する研究

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

電源を切ってもデータを記憶し続ける不揮発性デバイスを、メモリだけでなく、CPUなどの演算器やシステム全体の構成に積極的に活用する回路・システム構築方法が「不揮発性ロジック」です。本テーマでは、不揮発性デバイスに「回路構造情報」を記憶することで、製造プロセス(P)や電源電圧(V)、温度(T)などに起因する回路特性バラつきに対して頑健な回路を、少ないオーバーヘッドで実現できる回路構成を提案しています。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

この成果は、今後微細化が益々進行する超微細LSI の高信頼化・高性能化に大いに寄与する技術であり、これに関連する分野で有意義な共同研究ができるものと考える。

研究者

電気通信研究所

羽生 貴弘 教授 
工学博士

HANYU, Takahiro, Professor

キーワード

関連情報

論文
D. Suzuki, et al., “A 71%-Area-Reduced Six-input Nonvolatile Lookup-Table Circuit Using a Three-Terminal Magnetic-Tunnel-Junction-Based Single-Ended Structure,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol.52, No.4, pp.04CM04-1-04CM04-6, 2013.

M. Natsui, et al, “Nonvolatile Logic-in-Memory Array Processor in 90nm MTJ/MOS Achieving 75% Leakage Reduction Using Cycle-Based Power Gating,” IEEE Int. Solid-State Circuits Conf. (ISSCC) Dig. Tech. Papers, pp.194-195, 2013.

S. Matsunaga, et al, “A 3.14 μm2 4T-2MTJ-Cell Fully Parallel TCAM Based on Nonvolatile Logic-in-Memory Architecture,” Symposium on VLSI Circuits Digest of Technical Papers, 6-2, pp. 44-45, 2012.
一覧へ