東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

サステナブル異分野融合型混相エネルギーシステムの創成

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

本研究分野では、超並列分散型コンピューティングと先端的光学計測の革新的融合研究に基づくマルチスケール先端混相流体解析手法の開発・体系化を目指している。さらに、高密度水素に代表される環境調和型エネルギーに直結した新しい混相流体システムとそれに伴うリスク科学の創成を目的とした基盤研究を推進している。特に、脱炭素P2P マルチグリッド型の相互補償を可能にする多相水素サプライチェーンの構築を目指している。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

P2P Hydrogen supply chain,Elastohydrodynamic lubrication,Supercomputing of Laser melting andsputter particle formation, High pressurediecast computing / Automotive industry,Additive manufacturing

研究者

流体科学研究所

石本 淳 教授 
工学博士

ISHIMOTO, Jun, Professor

キーワード

一覧へ