東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

カーボンニュートラルの設計論

更新:2021-07-15
前の画像
次の画像

特徴・独自性

脱炭素型エネルギーシステムの基礎である現状のデータ分析と、モデリングを含む将来の予測手法について論じると共に、各地域の再生可能エネルギーポテンシャルの最新の分析結果に基づく地域エネルギーシステムデザインのガイドラインを通じて、地域社会への実装を支援する。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

カーボンニュートラル計画の実務担当者。
地域にて新たなエネルギーサービスを提供するビジネスの担い手。
カーボンニュートラル社会と共生可能な製造業ビジネスモデルの企画立案者。

研究者

大学院工学研究科・工学部 技術社会システム専攻 先端社会工学講座 エネルギー環境社会マネジメント分野

中田 俊彦 教授 
工学博士

NAKATA Toshihiko, Professor

キーワード

関連情報

別途データベース researchmap、Scopusなどを参照ください。
一覧へ