東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

先進プラズマ技術を利用した新機能性ナノカーボンの創製

更新:2018-12-19
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-192-1-jp.jpg
  • seed-192-2-jp.jpg
  • seed-192-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
当研究では,プラズマを利用して炭素原子で作られた超分子と呼ばれるフラーレン,カーボンナノチューブ,グラフェン等を直径等の構造を制御しながら合成している.さらに,それらの内部に別の原子や分子を閉じ込めることによって,超伝導や磁性体と半導体が混在する新しい機能性を持つ物質・材料の開発等を行っている.これまでに,電子ドナーのアルカリ金属,及び電子アクセプタのハロゲン原子やフラーレンを交互に半導体カーボンナノチューブに挿入することによって,n型とp型半導体を接合したナノサイズのダイオードの形成に成功している.
さらに,これらの新機能性物質・材料を用いて,高効率・高性能な電子デバイス(太陽電池等のエネルギー変換素子,トランジスタ,超伝導素子,発光素子,量子コンピューティング素子等)の基礎的な開発を行っている.
本研究に関して興味のある企業へ学術指導を行う用意がある.

研究者

工学研究科・工学部 電子工学専攻 

畠山 力三 教授 
工学博士

HATAKEYAMA, Rikizo, Professor

キーワード

一覧へ