東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

硬質炭素薄膜を用いた機能性コーティング

更新:2011-04-12
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-236-1-jp.jpg
  • seed-236-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
(1)導電性非晶質炭素薄膜の機能性発現機構の解明と応用に関する研究
電磁機能性を有する炭素薄膜の応用研究として、ナノクラスタ金属を分散した非晶質炭素膜を用いた多機能センサを開発している。本技術は軸受などの摺動部における接触状態モニタリングや信号伝達等の機構部の高機能化に寄与する技術として期待されている。
(2)高潤滑性を有する硬質炭素膜の開発
多結晶ダイヤモンド膜が示す超低摩擦現象の実用化を目指して、摺動要素としての環境適応性評価及び機能発現メカニズムの解明を行っている。これらの研究は、無潤滑メンテナンスフリー軸受け機構や高精度位置決め機構に適用が期待されており、機構部位の高性能化をもたらす技術である。
本技術を活用したい企業や団体など産業界との共同研究を積極的に希望します。

研究者

学際科学フロンティア研究所

三木 寛之 准教授 
理学博士

MIKI, Hiroyuki, Associate Professor

共同研究者

キーワード

一覧へ