東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

アモルファス合金ナノファイバーの開発

更新:2015-10-15
  • seed-355-1-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
ガスアトマイズ法を用いて、アモルファス合金(金属ガラス)製のナノファイバーを大量に生産することに成功しました。このナノファイバーは、アモルファス合金の優れた機械的特性を持つと共に、構成する元素により軟磁性、触媒などに優れた特性を示します。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
ナノサイズの磁気センサー素子、パラジウム系触媒材料、ナノファイバー強化複合材料、透明電極材料などの産学連携研究の可能性があります。

研究者

材料科学高等研究所

中山 幸仁 准教授 
博士(工学)

NAKAYAMA, Koji, Associate Professor

キーワード

関連情報

一覧へ