東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

アルツハイマー病の新規根本治療薬の開発

更新:2017-03-10
  • seed-98-1-jp.jpg
  • seed-98-2-jp.jpg
  • seed-98-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
漢方生薬陳皮成分ノビレチンがアルツハイマー病(AD)の動物モデルAPPトランスジェニックマウスにおいてAβの蓄積を抑制し記憶障害を改善することを見出しました。また、ノビレチンを高濃度含有する陳皮がAD患者の認知機能障害の進行を阻止する可能性が示され、この陳皮エキスからノビレチンの活性を凌駕する抗認知症成分としてシネンセチンを新たに発見しました。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
構造活性相関研究データに基づいて合成したプローブと選択的に結合する脳内の標的分子を特定し、この標的分子に結合して抗AD作用を持つ新規化合物の開発を行います。

研究者

薬学研究科 薬物療法学分野

山國 徹 准教授 
医学博士

YAMAKUNI, Tohru, Associate Professor

共同研究者

キーワード

関連情報

特許
WO2011/105568 学習・記憶障害および運動障害などを伴う中枢神経変性疾患を改善する乾燥植物組織および植物組織抽出物ならびにこれらを含有する医薬品および食品

論文
1. Seki et al., Citrus reticulata peels, a kampo medicine for Alzheimer’s disease: A case series, Geriatr Gerontol Int 13, 236-8 (2013)

2. Kawahata et al., Potent activity of nobiletin-rich Citrus reticulata peel extract to facilitate cAMP/PKA/ERK/CREB signaling associated with learning and memory in cultured hippocampal neurons - Identification of the substances responsible for the pharmacological action J Neural Trans published online 16 April 2013

3. Onozuka et al. Nobiletin, a citrus flavonoid, improves memory impairment and Aβ pathology in a transgenic mouse model of Alzheimer’s disease. J Pharmacol Exp Ther 326, 739-44 (2008).
一覧へ