東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

破骨細胞が関与する疾患の予防剤又は治療剤

更新:2019-03-12
  • 問合せ
特徴・独自性
我々は破骨細胞の活性を指標としたライブラリースクリーニングの研究により、ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)の阻害薬が破骨細胞分化を抑制することを明らかにし、その中でも特にα7-nAChRの拮抗作用をもつmethyllycaconitine(MLA)等の選択的拮抗薬が、破骨細胞分化を効果的に抑制することを見出した。本発明は、この知見に基づき完成されたものであり、破骨細胞分化抑制剤、破骨細胞による骨吸収抑制剤、骨再生促進剤、及び骨吸収性疾患の予防又は治療剤、並びに破骨細胞分化促進剤、及び破骨細胞の機能低下に起因する疾患の予防又は治療剤等を提供する。

産学連携の可能性
本発明は、破骨細胞分化を制御する受容体(α7-nAChR)をターゲットとした強い特異的効果をもつ新薬に繋がる可能性が期待される。今後、α7-nAChRの選択的拮抗薬が、骨粗鬆症、関節リウマチにおける骨吸収を阻害する薬剤の開発に多大な貢献をすることが期待される。また、歯科では、歯周病における炎症性骨吸収の治療薬や、抜歯後の歯槽骨吸収を抑制する治療に貢献する可能性が考えられる。

研究者

歯学研究科 分子・再生歯科補綴学分野

江草 宏 教授 
博士(歯学)

EGUSA, Hiroshi, Professor

共同研究者

  • 佐伯 万騎男 教授
    (新潟大学大学院医歯学総合研究科)

キーワード

一覧へ