東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

英語と日本語を対象にした意味伝達のしくみの研究

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

主に英語と日本語を対象にして、意味の伝わり方の研究をしています。たとえば、「新聞」は、「テーブルの上にある新聞」と言ったときには印刷物を表しますが、「新聞は政治家の不正を告発した」と言ったときにはメディアを表します。このように複数の意味を持つ単語を多義語と言います。現在は、多義がどのように生じ、実際のコミュニケーションにおいて人がその意味をどのように区別して理解するのかという問題に取り組んでいます。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

言語の機械処理や自動翻訳に関わる基礎研究、またそれに関連する辞書の構築に寄与する理論的基盤を提供することができます。また、外国語の教材や教育プログラムに関係する分野でも有益な結果が期待されます。

研究者

国際文化研究科

小野 尚之 教授 
文学博士

ONO, Naoyuki, Professor

キーワード

一覧へ