東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

地雷検知センサー

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

ALIS(エーリス)は東北大学が開発した人道的地雷除去用の地雷検知センサーです。金属探知機とGPR(地中レーダ)を組み合わせた日本初のハンドヘルド型デュアルセンサーであり、操作員が手動で操作し土に埋まった地雷を3 次元的に画像化できる世界で唯一のセンサーです。ALISプロトタイプはカンボジアで80個以上の地雷を検知・除去に成功しました。小型軽量の国産唯一の地雷検知センサーです。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

地雷除去の他、埋設物検知など

研究者

東北アジア研究センター

佐藤 源之 教授 
工学博士

SATO, Motoyuki, Professor

キーワード

関連情報

論文
Model-Based Compressive Sensing Applied to Landmine Detection by GPR [IEICE Trans. Electron.、Vol.E99-C(1)、p44-51、2016]
ALIS : GPR System for Humanitarian Demining and Its Deployment in Cambodia [ Journal of the Korean Institute of Electromagnetic Engineering and Science、Vol.12(1)、p55-62、 2012]
一覧へ