東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

スピントロニクス素子技術

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

電子の持つ電気的性質と磁気的性質を同時に利用することで発現する新奇物理現象を明らかにし、工学応用に繋げることを目的とした研究を進めている。論理集積回路の高性能化、低消費電力化、既存のノイマン型計算機では実現が困難な複雑なタスクを処理する脳型コンピュータ、確率論的コンピュータ、量子コンピュータなどを実現する。

研究者

電気通信研究所

深見 俊輔 准教授 
博士(工学)

FUKAMI, Shunsuke, Associate Professor

キーワード

関連情報

W. A. Borders, A. Z. Pervaiz, S. Fukami, K. Y. Camsari, H. Ohno, and S. Datta, "Integer factorization using stochastic magnetic tunnel junctions," Nature 573, 390-393 (2019).
一覧へ