東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

分子性有機物質の新電子物性開拓

更新:2011-02-10
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-113-1-jp.jpg
  • seed-113-2-jp.jpg
  • seed-113-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
有機分子の集積によって構成されている分子性伝導体を中心に研究を進めています。分子で構成されている有機物質の特徴は“やわらかい”ことです。この特長から、近年、有機ELデバイスなどの軽量で“曲がる”エレクトロニクス材料として注目されています。当研究室では、このような分子性有機物質の基礎的物性(金属-超伝導-絶縁体)の解明、新物性の開拓を目指しています。
分子性有機物質は、無機物質と比べて“やわらかく”大きく広がった分子軌道や電荷の分布、また分子自身の持つ構造自由度などのために、電荷-スピン-分子格子-分子内結合の間にゆるやかで大きな自由度を有しています。このナノ分子サイズの“やわらかい”複合的自由度と強く関係している超伝導から絶縁体までの多彩な電子状態がバルクな物性として現れます。このような分子性物質の特長をフルに活かして、電子物性物理の重要で興味ある問題にチャレンジしています。 このような研究に興味のある企業への学術指導を行なう用意があります。

研究者

金属材料研究所 低温電子物性学研究部門

佐々木 孝彦 教授 
工学博士

SASAKI, Takahiko, Professor

キーワード

一覧へ