東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

材料の微視的空間配置を精密制御する微粒子集積プロセスの開発

更新:2017-01-23
  • 問合せ
  • seed-491-1-jp.jpg
  • seed-491-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性 
異種材料を複合化した材料は、構成する材料の複合化状態によって、発現機能が大きく異なる。粒径や形状を制御して微粒子を合成できる技術と、合成した微粒子を設計通りに集積させる技術の融合によって実現する「ビルディングブロック工学」では、構成材料の3次元的な空間配置をメゾスコピックスケールで精密に制御することができ、従来の材料開発では得られなかった優れた機能の発現(相乗効果)や、新たな機能の発見も期待できる材料創製プロセスである。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
触媒(光触媒も含む)や分離カラムなどの化学関連プロセスのみならず、薬物送達システムや診断薬など医薬関連、コンデンサーや電池などの電子材料関連、屈折率制御材料やセンサーなど光学材料関連分野への用途展開が見込まれる。

研究者

工学研究科 化学工学専攻

長尾 大輔 教授 
博士(工学)

NAGAO, Daisuke, Professor

キーワード

一覧へ