東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

高時間分解能・高速での放射線計測

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

放射線検出器の一つであるシンチレーション検出器に搭載する、シンチレータというセンサーについての研究です。放射線の到達時刻を精密に決定する特性を有しながら、X線やガンマ線などの光子としての放射線を高い効率で検出可能な材料を実現しました。ポリマーをベースとした有機材料に、重い元素の酸化物ナノ粒子を高い充填率にて添加することにより、この特性を実現しました。基礎科学の研究現場、特に高強度のX 線を利用する放射光施設などでの計測器として、あるいは次世代型のX線CT 装置への搭載用として想定しています。

研究者

工学研究科

越水正典 准教授 

KOSHIMIZU, Masanori, Associate Professor

キーワード

一覧へ