東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

機能性高分子ハイブリッドナノ材料

更新:2018-12-11
  • 問合せ
  • seed-470-1-jp.jpg
  • seed-470-2-jp.jpg
  • seed-470-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
Langmuir-Blodgett法や浸漬法などボトムアップ的手法を基盤技術として利用し、様々なナノ材料の分子構造が示す表面・界面での相互作用を考慮することで、合目的的にナノ構造制御された光電子機能性高分子ハイブリッドナノ材料の開発を行っている。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
0.4 nmで膜厚制御可能なSiO2超薄膜、発光型溶存酸素センサー、強誘電性高分子エレクトロニクスデバイスなど。

研究者

多元物質科学研究所

三ツ石 方也 教授 

MITSUISHI, Masaya, Professor

キーワード

関連情報

論文
S. Yamamoto, K. Sonobe, T. Miyashita, M. Mitsuishi,
"Flexible SiO<sub>2</sub> Nanofilms Assembled on Poly(ethylene terephthalate) Substrates through a Room Temperature Fabrication Process for Nanoscale Integration", J. Mater. Chem. C, 3(6), 1286-1293 (2015).
DOI: 10.1039/C4TC02131B

Y. Gao, T. Chen, S. Yamamoto, T. Miyashita, M. Mitsuishi,
"Superhydrophobic Porous Surfaces: Dissolved Oxygen Sensing", ACS Appl. Mater. Interfaces, 7(6), 3468-3472 (2015).
DOI: 10.1021/am509147h

H. Zhu, S. Yamamoto, J. Matsui, T. Miyashit, M. Mitsuishi,
"Ferroelectricity of poly(vinylidene fluoride) homopolymer Langmuir-Blodgett nanofilms", J. Mater. Chem. C, 2(33), 6727-6731 (2014).
DOI: 10.1039/C4TC00600C
一覧へ