東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

溶融塩を用いた高温素材プロセッシング

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

室温で固体のイオン結晶を加熱し、高温で溶融した液体を「溶融塩」と呼ぶ。金属アルミニウムは溶融塩中での電気分解で製造されており、産業界では大量に使用されている。その溶融塩を反応媒体として利用し、レアアース、チタン、シリコン、リチウム等、化学的に活性なレアメタルの製錬、リサイクル、表面改質法を研究している。日本でも実施可能な高付加価値製品の製造技術として、溶融塩技術を変貌させることを目指す。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

業界としては、非鉄金属製錬、リサイクル、表面処理に従事する業界。用途としては、活性金属(合金)製造、廃棄物処理、耐酸化性コーティング等。

研究者

工学研究科金属フロンティア工学専攻

竹田 修 准教授 
博士(工学)

TAKEDA, Osamu, Associate Professor

キーワード

一覧へ