東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

天然物化学・有機合成化学

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

金ナノ粒子を使用した検査薬の担持物質として、これまではタンパク質(レクチン等)や単純な有機化合物が使用されてきた。一方、生理活性天然物は医農薬指向で研究されてきたが、多様な作用機構を応用すれば検査薬に使用可能と考えられる。これらの性質を組み合わせることで新奇センサー物質の創成が可能と予想される。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

生理活性天然物の活性発現機構に着目することで、従来技術(抗体等)では検出が難しかった物質(低分子化合物・金属イオン等)の検出が可能になると期待できる。

研究者

農学研究科生物有機化学分野

榎本 賢 准教授 
博士(農学)

ENOMOTO, Masaru, Associate Professor

キーワード

一覧へ